見えぬ吾の子と手を繋ぐとき


自らが手に掛けた我が子と手を繋ぐ。
そんな妄想。
優しげな微笑みには、自責からの狂気を湛えて。